Vol.1 序章


 

GEADのホームページが新しくリニューアルいたしました。

 

新しいHPはこちらからどうぞ

 http://www.geadcity.com

 

 

 

海を渡り、山を越え

遠く遠く離れた世界の端に

僕たちの知る世界とは違った場所がある。

 

そこには僕たちの世界にはない不思議なモノがある

 

『特殊鉱物 ギアッド』

石炭の様にエネルギー資源として広く使われ、純度の高さによっては宝石以上の価値があるという・・・。

 

ギアッドを求め人々が集まり、

小さな家を建て暮らすようになった。

小さな家々がいくつも集まり、

やがてそこは大きな街になった。

 

 

その街では電気機器の代わりに蒸気機関が目まぐるしい発達を見せ

ボイラーが唸りを上げる音や機械オイルの匂いが溢れ絶えず煙が立ち上がる場所

 

 

多くの人と機械が息づく街

 

 

 

 

 

 

其の街の名はGEAD

 

工業系ギアッドの応用により、更なる発展を遂げたこの街には                         

発明家や蒸気技師、町娘から絵本作家に至るまで多くの人々が暮らしている。

 

ある場所では                                                         

 

煌びやかな宝石が数多く並ぶショーウインドウを   

ドレスを着た一人の女性がうっとりした表情で眺め

 

またある場所では                                            

 

縦横無尽に蒸気パイプが壁から伸びる建物の中で   

男達が声高らかに酒を酌み交わす声が聞こえてくる

 

そこには、たくさんの人々の暮らしが溢れている   

 

 

物語がはじまる。

 

特殊鉱物 ギアッド

鉱山都市GEADの名前の由来となっている特殊鉱物

未だ成分は完全に解明されていないが、その形状や効果は様々あり。

ここGEADで、その多くを採掘されている。

 

一番多く採掘される低純度の物でも

石炭より多くのエネルギーが生成されるので、

主に工業用として蒸気機関の原料で使われることが多い。

 

 

その他にも、巷では見た目の綺麗なモノは

その不思議な成分から、

 

お守りの様にアクセサリー等の装身具としても使われることもある。

 

 

純度が上がるにつれ採掘される量も少なくなり

精錬するのにもかなりの技術が必要になる為、純度のたかいものは宝石より遥かに価値があるとされている。

 

噂では

高純度のモノになると

 

「願い事が叶うほどのエネルギーを秘めている」

とかなんとか・・・

 

 

彫金師 佳

こちらの住人

『GEADの世界』に

行くことができる

ナビゲーター

『GEADの世界』にある不思議なものに

心惹かれて持って来たりする

歯車を見るとテンションが上がる

スチームパンクな人

<ロレーナ・フォン・ヴァルモーデン>
GEADの人。佳と知り合ってこっちのテクノロジーに興味を持って

住んじゃった女の子

『GEADの世界』では由緒正しいお家柄の娘

好奇心旺盛な為、手に負えない

たまにわがままな発言も